B i o g r a p h y

 

B i o g r a p h y

沢田穣治|Jyoji Sawada

音楽家、写真家、Unknown Silence代表。

映画やアニメのサウンドトラック、舞台作品の音楽、フィールドレコーディング作品の制作、アルバムのプロデュースなど、その活動領域は音楽が存在する場所すべてといってもよいほどに多岐に及ぶ「破天荒音楽家」。プロジェクトごとに楽器(コントラバス、フレットレスベース、ギター、ピアノなど)を持ち替えるマルチ・インストゥルメンタリストであることが、沢田の表現活動をよりミステリアスなものにしている。

ブラジル音楽の室内楽トリオである「ショーロクラブ( Choro Club)」での活動は30年以上にも及ぶ。近年では京都市立藝術大学で修復されたバシェ音響彫刻の研究にも関わり演奏家/作曲家としてロームシアターで公演。2018年には映像作家Vincent Moonとのコラボレーションも果たす。

現代音楽及び邦楽器などのための室内楽作品の作曲と並行して、EPO、おおたか静流、川本真琴、畠山美由紀、Vinicius Cantuaria、Joyce Moreno、太田裕美、忌野清志郎、jimama、松下奈緒といった数多くのシンガー/音楽家たちの公演やアルバム制作プロデュースに精力的に関わる。

2022年には七尾旅人の新作アルバム『Long Voyage』にストリングアレンジ他で参加。


個人の音楽プロジェクトとしては、作曲家の窪田ミナとの「Nowhere Chamber Ensemble」、高木正勝らとの「Closeness Ensemble of Kyoto」、鈴木大介と馬場孝喜との「Quiet Answer Trio」、ジャズ回帰をテーマとする「Contra Banda」を展開中。ピアノソロ作品『アヴァンギャルドな金魚』もリリースした。

2020年、京都を拠点に自身の新レーベル「アンノウン サイレンス(Unknown Silence)」を始動。「私たちがまだ耳にしたことのない音を日本から世界へ国境を越えて発信する」ことを目的に、音楽家でありオーナーである沢田が理想とするレーベル・イメージを明確化したラインナップを展開中。


映画、ドラマ、アニメ作品


■ 映画「コザママ」中川陽介監督  音楽監督 2022年 (2023年公開予定)

■アニメーション 『ARIA The BENEDIZIONE』作曲、編曲 2022年

■短編映画「やくそく」(中川陽介監督)音楽監督 2021年 

■アニメーション 『ARIA The CREPUSCOLO』作曲、編曲 2021年

■TBSドラマ「本日も晴れ。異状なし」で歌われた「行逢いぶさ(いちゃいぶさ)」を松下奈緒さんと作曲(2009年

■短編映画「カルテット」(大野伸介監督)音楽監督 2010年

■映画「群青~愛が沈んだ海の色~」(中川陽介監督、長澤まさみ・佐々木蔵之介主演)音楽監督  2009年 

■映画「アンを探して」(宮平貴子監督 穂のか主演)エンディングテーマ(jimama作曲)のサウンドプロデュース 2009年  

■アニメーション「Aria the Origination」(テレビ東京系)作曲、弦アレンジ、音楽制作 choro club faet. Senoo)2008年

■アニメーション「Aria the Natural」(テレビ東京系)作曲、弦アレンジ、音楽制作(choro club faet. Senoo)2006年

■映画「いちばんきれいな水」(ウスイヒロシ監督、加藤ローサ主演)音楽監督担当  2006年

■映画「真昼ノ星空」(中川陽介監督、鈴木京香・ワン リーホン主演)音楽監督  2005年  2005年2月 ベルリン映画祭 フォーラム部門正式出品作品   2005年4月 MOMA美術館(NY)にて上映   2005年8月 サラエボ映画祭 正式出品作品    2005年10月 東京国際映画祭 ある視点部門正式出品作品

■アニメーション「Aria the Animation」(テレビ東京系)作曲、弦アレンジ (choro club faet. Senoo)2005年

■ドラマ「彼女が死んじゃった。」(日本テレビ) 音楽監督(choro club faet. Senoo)2004年

■映画 「Fire!」(中川陽介監督  柴理恵  玉城満)  音楽監督  2004年

■映画  「油断大敵」(成島出監督 役所広司、柄本明主演)音楽監督(choro club)2003年

■アニメ「ヨコハマ買い出し紀行」(安濃高志監督 芦奈野ひとし原作  椎名へきる) 音楽監督(choroclub)  2002年 

■ドラマ「忠臣蔵1/47」(フジテレビ)音楽(ショ ーロクラブ)2001年

 

 


代表アルバム

ショーロクラブアルバム 

■ CHORO CLUB(1990年7月25日ファンハウス

■ CHORO CLUB II(1991年6月1日、ファンハウス)

■ CHORO CLUB III(1992年6月1日、ファンハウス)

■ SUMMER SIDE OF CHORO CLUB(1993年4月1日、ファンハウス)

■. CHORO CLUB V(1994年7月1日、ファンハウス)

■ SONGS(1997年7月21日オーマガトキ

■ Brasiliana(2000年6月21日Sony Records

■ Blasiliana REMIX(2001年10月24日、Sony Records)

■ MARITIMA(2001年9月19日、Sony Records)

■ 1/47(ドラマ「忠臣蔵1/47」サウンドトラック)(2001年12月27日、Sony Records)

■ ニライカナイ(2002年5月22日、Sony Records)平良とみ

ヨコハマ買い出し紀行-Quiet Country Cafe-オリジナル・サウンドトラック

2003年1月22日SME・ビジュアルワークス

■ Colors(2003年4月23日、Sony Records)

■ Sonora(2003年12月17日、Sony Records)

彼女が死んじゃった。 オリジナルサウンドトラック(2004年3月10日、Sony Records)

■ Revendo(2005年10月26日BMG JAPAN

■ Prevendo(2005年11月23日キングレコード

■ ARIA The ANIMATION Original Soundtrack(2005年11月23日ビクターエンタテインメント)

■ ARIA The NATURAL Original Soundtrack due(2006年5月24日、ビクターエンタテインメント)

■ ARIA The ORIGINATION Original Soundtrack tre(2008年2月20日JVCエンタテインメント

■ Trilogia(2009年7月22日ビデオアーツ・ミュージック

■ 武満徹ソングブック(2011年7月20日、SONG X JAZZ)CHORO CLUB with VOCALISTAS 沢田穣治企画進行

■ musica bonita(2017年3月22日、v)

■ 武満徹ソングブック コンプリート (2020年 )


沢田穣治 ソロアルバム

 ■ 「架空線上の音楽」(1994年 god mountain)

 ■ 「EXPO'70」(1997年 DIW)

 ■ 「enfant terrible」 (2000年 sonore フランス)

 ■ 「Operario」(2002年 ポニーキャニオン)

 ■ 「架空旅行」(2007年 Clay)

 ■ 「Canta Jobim」松田美緒+沢田穣治with strings (2010年 song x jazz)

 ■ 「No Nukes Jazz Orchestra」(2012年 song x jazz)

 ■「Closeness Ensemble of Kyoto/WaBaSaTa」(2017年 song x jazz) クロースネス アンサンブル オブ キョウト

 ■「Wind Blows from West to East」アンサンブル ソノーラ バシェ音響彫刻 

    (2020月5月20日 unknown silence)

 ■ 「Closeness Ensemble of Kyoto/WaBaSaTa 2」(2020月9月1日 unknown silence) 

 ■「coincidencia/ Jyoji Sawada & Fernando Kabusachi」(2020年10月21日 unknown silence

 ■「モノクロームな極彩色 / 沢田穣治&山本亜美」  (2020月8月1日 unknown silence)

 ■「Goldfish in The AVANT-GARDE」沢田穣治ピアノソロアルバム  

                 (2020年12月23日unknown silence) 配信のみ

 ■「Tempo Caótico/ Nowhere Chamber Ensemble」  (2021年5月26日 unknown silence) 

 

 ■「Romeo Azul / Quiet Answer Trio 」(2021月9月1日 unknown silence)

    Jyoji Sawada  Daisuke Suzuki  Takayoshi baba

 ■『Contra Banda  / Jyoji Sawada』 (2022月1月 unknown silence)

 ■「 correspondence ─ 往復書簡 / Jyoji Sawada  + Simon Fisher Turner  +  Takashi Mori. 」 

            (2022年 1月 unknown silence)